写真でみる野生植物     アブクマトラノオ   トップページへ

アブクマトラノオ   タデ科 イブキトラノオ属
学名: Bistorta abukumensis Yonekura, Iketsu et H. Ohashi
福島県、及び、宮城県の阿武隈山系に分布し、沢沿いなどのやや湿った林内に生える。高さ10〜20cm程度。花期は4〜5月。花茎を直立させその先端に2〜4センチの花穂を出し、花序の1節に1個、白い花をつける。葉は卵形または卵状楕円形で葉柄に翼がなく、茎葉は普通大きい。根茎は長く匍匐する。花序は同じ仲間のハルトラノオに似ており、葉の形はクリンユキフデとよく似ている。長い間、これらの植物と混同されてきたと言われている。 

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.4.19
アブクマトラノオ 赤・白・緑のコントラストが美しい・・・ アブクマトラノオ 花にズームイン
赤・白・緑のコントラストが美しい・・・ 花にズームイン




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.