写真でみる野生植物     アキノエノコログサ   トップページへ

アキノエノコログサ   イネ科 エノコログサ属     別名: ネコジャラシ
学名: Setaria faberi Herrm.
花期は、8〜11月。アキノエノコログサは日本各地、朝鮮半島や中国、極東ロシアに広く分布する一年草。日当たりのよい道端や空き地、畑などに普通に生え、高さ50〜100cmになる。エノコログサよりも全体的に大型であり、花穂は長く、先がたれる。花期も長い。より肥沃な場所に生育する傾向が高い。刺毛は緑色のものが多いが、紫色を帯びるものもある。
撮影 : (右上)
(他) 
宮城県古川市荒谷・研究所の庭  2005.8.28
宮城県古川市小野嵐山・研究所の畑  2005.8.28
アキノエノコログサ
猫をじゃらして遊んだり、毛虫に見立てて遊んだり・・・
手の平でつかみニギニギ・・・
穂はのぎが外側に開いている
方向の反対側に進みます
広く分布するアキノエノコログサ・・・秋風に揺れる姿が、たくさん見られます




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.