写真でみる野生植物     アオイスミレ   トップページへ

アオイスミレ   スミレ科 スミレ属     別名: ヒナブキ
学名: Viola hondoensis W. Becker et H. Boissieu

北は北海道から、本州、四国、そして南は九州まで広く見られ、丘陵から低山の樹林下などに生える多年草。花期は3月〜5月で、スミレの仲間では春最も早く咲くものの一つである。草丈3〜8cmで、全体に柔らかい毛で覆われている。花は白色〜淡赤紫色。葉は円形で、花の咲き始めは丸まっている。花が終わったあとに葉が著しく大きくなることから、フキの葉に見立てて「ヒナブキ」の別名がある。

撮影 : 宮城県古川市荒谷・研究所の庭  2006.3.19

アオイスミレ 「フキ」の葉に似ている葉・・・花後に大きくなります アオイスミレ 花にズームイン
「フキ」の葉に似ている葉・・・花後に大きくなります 花にズームイン
庭のアオイスミレ・・・スミレの仲間では春最も早く咲きます
庭のアオイスミレ・・・スミレの仲間では春最も早く咲きます




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.