写真でみる野生植物    ベニバナヤマシャクヤク   トップページへ

ベニバナヤマシャクヤク   ボタン科 ボタン属
学名: Paeonia obovata Maxim.
北海道から九州に分布し、日当たりのよい低地〜山地の樹林内に生える多年草。ヤマシャクヤクの紅花と思われがちだが、ヤマシャクヤクとは明確な違いがある。高さ40〜50cmほどになり、茎は直立し、葉は2〜4枚が互生し、2回3出複葉。小葉は長さ5〜12cm、幅3〜7cmの楕円形〜倒卵形で、裏面に軟毛がある。5〜6月、茎頂に径4〜5cmの大きな花を1個つけ、上向きに開く。花色は名のとおり淡紅色で、花弁は5〜7枚。花柱は5本あり、長く伸びて先端が外側に巻き込む。果実は袋果で、熟すと裂ける。内面の赤い部分は不稔の実で、紺色の種子をつける。草地改良や藪化などにより生育地が減少し、また、花の美しさから盗掘の対象となり個体数が激減している。環境省のレッドデータでは絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。

撮影 : (上段)
(下段)
宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  (左) 2006.6.6  (右) 2006.6.5
宮城県石巻市・金華山  (左) 2006.7.15  (他) 2006.8.20
ベニバナヤマシャクヤク 蕾・・・もうすぐ開花 開きはじめたベニバナヤマシャクヤクの花
蕾・・・もうすぐ開花 開きはじめたベニバナヤマシャクヤクの花
ベニバナヤマシャクヤク 果実は袋果 ベニバナヤマシャクヤク 果実は熟すと裂け、内面(不稔の実)は赤く、紺色の種子をつけます ベニバナヤマシャクヤク 果実は熟すと裂け、内面(不稔の実)は赤く、紺色の種子をつけます
果実は袋果 果実は熟すと裂け、内面(不稔の実)は赤く、紺色の種子をつけます
コントラストが美しい・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.