写真でみる野生植物     エチゴキジムシロ   トップページへ

エチゴキジムシロ  バラ科 キジムシロ属
学名: Potentilla togashii Ohwi
本州の日本海側、新潟県以北に分布するといわれているが、宮城県でも確認されている。日当たりのよい山野の道端、林の緑、草原などに生える。高さ20cmほどで、四方に茎を伸ばし、細い花茎の先端に鮮やかな黄色の花をまばらにつける。花期は4〜6月。小葉は5枚で、3枚は先の方で大きいが、下方の1対は小さく、ときに消失する。エチゴは「越後」に広く分布することから、キジムシロは地面に広がる株を「雉の座る筵」に例え、その名が付けられた。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.5.1
エチゴキジムシロの花




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.