写真でみる野生植物     エゾエンゴサク   トップページへ

エゾエンゴサク   ケシ科 キケマン属
学名: Corydalis ambigua Cham. et Schltdl.
北海道、本州中部以北に分布し、比較的湿った山野、林床に生える多年草。高さは10〜30cmほどで、地下にある径1.5〜2cmの丸い塊茎から細い茎を伸ばし、茎の上部に長さ1.5〜2.5cmほどの筒状花を総状につける。花の先端は唇状、後方には距(きょ)と呼ばれる膨らみを持つ。花期は4〜5月。花色は青、青紫、紫、赤紫、白など変化が多い。葉は互生し、2〜3回3出複葉、長さ1〜3cmの卵円形。地下の塊茎を乾燥したものは、漢方薬の「延胡索(エンゴサク)」となる。この中国名がそのまま使われている。

撮影 : 宮城県大崎市鳴子温泉・東鳴子  2006.4.22
エゾエンゴサクの花1 エゾエンゴサクの花2




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.