写真でみる野生植物     エゾノコギリソウ   トップページへ

エゾノコギリソウ   キク科 ノコギリソウ属
学名: Achillea ptarmica L. subsp. macrocephala (Rupr.) Heimerl
本州中部以北から北海道、千島、樺太、カムチャッカ、東シベリアにかけて分布するエゾノコギリソウは、北地の草原に生える多年草。宮城県では、石巻市網地島や田代島などに見られる。高さは10〜85cmほどになり、葉は長楕円形〜披針状線形で、長さ3〜7cm、幅5〜11mmで、縁には細かい鋸歯があり、無柄で、基部はなかば茎を抱く。花は7〜8月に咲き、頭花は白色で、散房状に多数つく。総苞は半球形で長さ5mm、密に絹毛がある。舌状花は2列に並び、12〜19個ある。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.7.11
エゾノコギリソウ エゾノコギリソウ 花に近づいてみると・・・
エゾノコギリソウ 花に近づいてみると・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.