写真でみる野生植物     エゾノタチツボスミレ   トップページへ

エゾノタチツボスミレ  スミレ科 スミレ属
学名: Viola acuminata Ledeb.
北海道から本州中部以北に分布し、山地の林内や草原に生える多年草。茎は直立し、高さ20〜50cmほどになる大型のスミレで、花期に根出葉がない。茎の下方の葉は退化し、上方の葉は長さ2.5〜4cmの心形で、先が鋭くとがり、縁には細かい鋸歯がある。葉腋から5〜10cmの花柄を出し、茎頂に径1.5〜2.5cmほどの、高さのわりには小さな花を咲かせる。花期は4〜6月。花色は淡紫色から白色まで変化が多い。上方の弁は反り返り、側弁には白い毛があり、唇弁には紫色のすじが入っている。距(きょ:後方にある膨らみ)は白色で短い。北海道に多く自生することから名前が付けられた。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.5.22
エゾノタチツボスミレ エゾノタチツボスミレ 花に近づいてみると・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.