写真でみる野生植物     ハマヒルガオ   トップページへ

ハマヒルガオ   ヒルガオ科 ヒルガオ属
学名: Calystegia soldanella (L.) Roem. et Schult.

海岸の砂浜に生える蔓性の多年草。砂の中に地下茎を長くのばしてふえる。茎は砂の上をはって広がる。しばしば大群落をつくる。葉は互生し、長さ2〜4cm、幅3〜5cmの腎円形で、長い柄があり、厚くて光沢がある。花期は5〜6月。花は淡紅色で、花冠は径4〜5cmの太い「漏斗形」。

撮影 : 宮城県名取市閖上  2005.6.12

砂浜に映えるハマヒルガオ 群生するハマヒルガオ
砂浜に映えるハマヒルガオ 群生するハマヒルガオ
ハマヒルガオ ハマエンドウとの共生
ハマエンドウとの共生




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.