写真でみる野生植物     ハマナデシコ   トップページへ
ハマナデシコ   ナデシコ科 ナデシコ属     別名: フジナデシコ
学名: Dianthus japonicus Thunb. ex Murray

海岸に生える高さ20〜50cmの多年草。葉は厚くて光沢があり、長さ5〜8cm、幅1〜2.5cmの卵形〜長楕円形で、両面無毛であるが、葉の縁には微細な毛がある。花は紅紫色で直径約1.5cm、茎の先に密に集まって咲くが、花が付かない茎もある。萼筒は長さ1.5〜2cm。花弁は長さ6〜7mm。6月頃から咲き始め、紫紅色の美しい花を秋まで次々と咲かせる。暖地系の植物で東北地方では日本海側には分布せず、太平洋側南部にだけ分布する。しかもハマナデシコの和名のとおり、海岸沿いにだけ分布している。

撮影 : 宮城県石巻市網地島  (右下) 2005.7.29  (他) 2005.7.23

岩場に咲くハマナデシコ
岩場に咲くハマナデシコ
ハマナデシコ 花にズームイン ハマナデシコ 咲き競っているよう・・・
花にズームイン 咲き競っているよう・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.