写真でみる野生植物     ヘビイチゴ   トップページへ

ヘビイチゴ   バラ科 ヘビイチゴ属
学名: Duchesnea chrysantha (Zoll. et Moritzi) Miq.
北海道から沖縄まで広く分布し、野原や道端、田のあぜなど、やや湿った場所に生える多年草。匍匐茎を長く伸ばして地面を這い、節から新苗を出して増える。葉は互生し、葉柄は長く、3出複葉で、長さ2〜3.5cmの卵状楕円形。裏面に毛があり、葉縁は粗い鋸歯。4〜6月、葉腋から長い花柄を出し、径1.5cmほどの黄色の5弁花を1個咲かせる。熟した偽果は径1cmほど、色が淡く、しわがあり、光沢はない。種子のように見えるつぶつぶが果実であり、果実のように見える(食べている)赤い部分は花床(かしょう:頭花の小花をつけるところ)が肥大したもの。ヘビイチゴは無毒で食べられるものの、あまり味が無いため食用には好まれない。同じヘビイチゴ属のヤブヘビイチゴとよく似ているが、全体的に小型で、偽果の相違点での区別は容易。
撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭 (上) 2006.5.26
(下) 2006.6.15
ヘビイチゴの花 ヘビイチゴ 花にアリが・・・
ヘビイチゴの花 花にアリが・・・
ヘビイチゴの偽果 ヘビイチゴの偽果
ヘビイチゴの偽果は、花床(かしょう:頭花の小花をつけるところ)が肥大したもの・・・
あまり味が無いため食用には好まれない




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.