写真でみる野生植物     ヘラオオバコ   トップページへ

ヘラオオバコ   オオバコ科 オオバコ属
学名: Plantago lanceolata L.
ヨーロッパ原産で、江戸時代末期に渡来した帰化植物。道端や荒地、草地、堤防などに生える1年草。葉は長さ10〜30cm、幅1.5〜3cmのヘラ形で細長い。花期は6月〜8月。葉の間から高さ20〜80cmほどの花茎を伸ばし、先端に白色の小さな花を長さ2〜8cmの穂状につけ、下から上へと向かって花を咲かせる。1cmほどの長い雄しべが目立つ。葉が細長く(※オオバコは幅が広い)、ヘラに似ているところから名がつけられた。

撮影 : 宮城県大崎市古川・江合川  2006.6.2
ヘラオオバコ 葉が細長い(※オオバコは幅が広い) ヘラオオバコ 花に近づいてみると・・・
ヘラオオバコ・・・葉が細長い
(※オオバコは幅が広い)
花に近づいてみると・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.