写真でみる野生植物     ヒガンバナ   トップページへ

ヒガンバナ  ヒガンバナ科 ヒガンバナ属   別名: マンジュシャゲ( 曼珠沙華 )
学名: Lycoris radiata (L’Hér.) Herb.
道端や堤防などにはえる多年草。中国原産で史前帰化植物。秋の彼岸頃真っ赤な花を咲かせる。毎年花は咲かせるが、種子はならない。地下のチューリップに似た鱗茎を増やして増殖する。葉は線形で長さ30〜60cmで濃緑色、開花した後に葉がでて、翌年の4月頃枯れる。リコリンという毒を持つ有毒植物の一種だが、鱗茎をさらしてでんぷん粉をとり食用にすることがある。
撮影 : (左上) 宮城県石巻市網地島  2005.9.24
(左下) 宮城県古川市荒谷・研究所の庭  2005.10.5
(他)   宮城県古川市・羽黒山公園  2005.9.28
真紅のヒガンバナ 羽黒山公園のヒガンバナ1
真紅のヒガンバナ
鮮やかな赤い花が斜面を彩ります
白花は「園芸品種」 羽黒山公園のヒガンバナ2
白花は「園芸品種」
欧米を中心に開発された「園芸品種」には
白色の花弁を持つものがある
羽黒山公園のヒガンバナ・・・
毎年、観光客の目を楽しませてくれます




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.