写真でみる野生植物     ヒメサユリ   トップページへ

ヒメサユリ   ユリ科 ユリ属     別名: オトメユリ( 乙女百合 )
学名: Lilium rubellum Baker
高さ30〜50cm程度。開花時期は6月〜8月で、花は筒形で横向きに開く。花径は5〜6cm程、長さは8cm程度。花は薄いピンク色で斑点がないのが特徴。鱗茎は卵形で、葉は広披針形をしている。良く似たユリにササユリがあるが、ヒメサユリは雄しべの先が黄色くなっているところで区別される。花の香りは甘くとても濃厚。日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳周辺などに見られる貴重な植物。環境庁のレッドデータリストに載っている絶滅危惧種。
撮影 : (上)
(下)
宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.6.6
福島県南会津郡南郷村・ヒメサユリ群生地  2005.7.3
ヒメサユリの花
ヒメサユリの花
ヒメサユリ群生地・入口 ヒメサユリ群生地
ヒメサユリ群生地




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.