写真でみる野生植物     ヒュウガミズキ   トップページへ

ヒュウガミズキ   マンサク科 トサミズキ属    別名: イヨミズキ
学名: Corylopsis pauciflora Siebold et Zucc.
本州(中部以西)、四国、九州に分布し、丘陵帯のやせ地に生える落葉低木。高さは1〜3mになり、樹皮は灰褐色、幹は株立ち状になる。葉は薄く、長さ2.5〜4cmで無毛。ゆがんだ卵形から広卵形で互生する。3〜4月、葉に先立って淡黄色の花を穂のように下垂して咲かせる。花の大きさは1〜2cm、花序に1〜3個つく。雄しべは花弁より少し短く、葯は黄赤色。別名イヨミズキとも呼ばれる。「ミズキ」の名が付いているが、ミズキには似ていない。

撮影 : (上)
(下)
宮城県大崎市古川荒谷・古川北中学校前  2006.4.12
宮城県仙台市太白区・仙台市野草園  2006.4.15
古川北中学校前に植えられているヒュウガミズキ ヒュウガミズキの花
古川北中学校前に植えられているヒュウガミズキ
仙台市野草園のヒュウガミズキ
仙台市野草園のヒュウガミズキ




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.