写真でみる野生植物     イタチハギ   トップページへ

イタチハギ   マメ科 イタチハギ属     別名: クロバナエンジュ
学名: Amorpha fruticosa L.
北アメリカ・メキシコ原産の落葉低木で、大正時代に治山樹種として渡来し、砂防用、護岸用などに用いられ、全国の崩壊地や川原に野生化した帰化植物。樹高1〜5mほどになるが、直立する力は弱い。樹皮は灰褐色。葉は羽状複葉で互生し、小葉は長さ2〜3.5cmの長楕円形または卵状長楕円形で、5〜10対。奇数になることもある。葉の表面は灰緑色で腺点があり、裏面は淡緑色。5〜6月、枝先に長さ6〜20cmほどの穂状花序を数個直立させ、長さ8mmほどの黒紫色の花を多数つける。

撮影 : 宮城県大崎市古川・江合川  2006.6.2
イタチハギの花・・・穂状花序を直立させる イタチハギ 花に近づいてみると・・・
イタチハギの花・・・穂状花序を直立させる 花に近づいてみると・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.