写真でみる野生植物     イワウチワ   トップページへ

イワウチワ   イワウメ科 イワウチワ属
学名: Shortia uniflora (Maxim.) Maxim. var. kantoensis T. Yamaz.
近畿以東、中部、関東、東北の各山地に分布し、落葉樹林帯に自生する常緑の多年草。葉は厚く光沢があり、長さ幅とも2.5〜7cmの広円形で、先がややへこみ、基部は心形、ふちに波状の鋸歯がある。葉の間から5〜15cm位の花茎を立て、茎頂に直径2.5〜3cmの淡紅色の花を1個つける。岩場の上に生え、葉の形が団扇(うちわ)に似ているところから名前が付けられた。稀に白色の花をつけるものもあり、シロバナイワウチワという。

撮影 : (上)
(左下)
(右下)
宮城県仙台市青葉区・蕃山  2006.4.16
宮城県仙台市太白区・仙台市野草園  2006.4.15
宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.4.7
蕃山に自生しているイワウチワ1 蕃山に自生しているイワウチワ2
蕃山に自生しているイワウチワ
淡紅色のイワウチワ 珍品! シロバナイワウチワ
淡紅色のイワウチワ 珍品! シロバナイワウチワ




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.