写真でみる野生植物     カタクリ   トップページへ

カタクリ   ユリ科 カタクリ属
学名: Erythronium japonicum Decne.
北海道から九州の日本各地に分布し、山野や山すそに自生する多年草。未だ寒さの残る早春の雑木林などに、いち早く可憐な姿を見せる。葉は厚く、表面は淡緑色で紫色の斑紋がある。2枚の葉の間から高さ15〜20cmほどの花茎を1本伸ばし、茎の先に4〜5cmの淡紅紫色の花をやや下向きにつける。花弁は6枚で、開花後シクラメンのように外側に反転する。カタクリの花は気温が上昇すると開花し、温度が下がると花を閉じてしまう。花冷えのする曇りの日など、地表付近の温度が充分に上がらないと日中でも開花しない。この開閉運動は、花弁の外側と内側の細胞の成長によるものだと言われている。開花時は花弁の内側の細胞が成長し、閉じる時は外側の細胞が成長するのだろう。初夏(6月頃)になると葉を失い、地上から姿を消して長い休眠に入る。カタクリは、春の数ヶ月間、落葉樹林に差し込む日光により一年分のエネルギーを蓄える。地下の鱗茎に蓄えられた澱粉を利用し、昔は片栗粉(かたくりこ)を取った。片栗粉の名前は残っているが、現在ではジャガイモから採った澱粉を使用している。

撮影 :  宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.4.14
※時間経過によるカタクリの花の変化(開閉の状態)を観察してみました。
05:44 08:43 10:11
12:35 14:08 15:30
16:07 16:55 17:41




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.