写真でみる野生植物     キバナノアマナ   トップページへ

キバナノアマナ   ユリ科 キバナノアマナ属    別名: キバナアマナ
学名: Gagea lutea (L.) Ker-Gawl.
北海道、本州中部以北に分布し、山野に生える多年草。地下に10〜15mmほどの鱗茎があり、早春に葉と同時に花茎を出す。根出葉は幅5〜7mm、長さ15〜30cmの線形で、厚みがあり、柔らかい。高さは15〜20cmになる。3〜5月、花茎の先にある2個の苞葉の間から花柄を出し、3〜10個の花を咲かせる。花弁は6枚、花径は2.5cm程度。花披片の内側は黄色、裏側は緑色を帯びる。開花直後は黄緑色で、やがて鮮やかな黄色に変化する。カタクリなどと同様に、初夏には地上部が枯れて地下の鱗茎のみになる。アマナの花(白色)に似た黄色い花をつけることから、名前が付けられた。
撮影 : (上)
(下)
宮城県仙台市太白区・仙台市野草園  2006.4.15
宮城県仙台市青葉区・蕃山  2006.4.16
仙台市野草園のキバナノアマナ キバナノアマナ 花にズームイン
仙台市野草園のキバナノアマナ 花にズームイン
蕃山に自生しているキバナノアマナ
蕃山に自生しているキバナノアマナ




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.