写真でみる野生植物     キンエノコロ   トップページへ

キンエノコロ   イネ科 エノコログサ属
学名: Setaria glauca (L.) P. Beauv.
日当たりのよい道端や田のあぜなどに普通に生える一年草。草丈20〜70cm、花穂は円柱形で直立し長さ3〜8cmほどで、多数の花を密着する。小穂の基部に黄金色の剛毛が密生する。花期は8〜10月。金えのころはその花穂が黄色であるから言う。

撮影 : 宮城県古川市小野嵐山・研究所の畑  2005.8.28

キンエノコロ1 キンエノコロ2
キンエノコロ
アキノエノコログサとは異なり、花穂は直立しています
キンエノコロ3
その名のとおり、金色の穂先が美しい・・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.