写真でみる野生植物     キリンソウ   トップページへ

キリンソウ  ベンケイソウ科 マンネングサ属
学名: Sedum aizoon L. var. floribundum Nakai
北海道から九州まで広く分布し、山地や海岸の日当たりのよい乾いた岩場、砂礫地などに自生する多年草。太い根茎から、肉質の茎を叢生して、高さ5〜30cmほどになる。葉は互生し、長さ2〜4cm、幅1〜2cmの卵形〜長楕円形で、先端は丸く、葉縁に鈍い鋸歯がある。6〜8月、茎の先端に平たい集散花序を出し、長さ5mmほどの披針形で鋭く尖った鮮やかな黄色の5弁花を輪状に多数咲かせる。そこから「黄輪草」の名がつけられた。
撮影 : (上)
(下)
宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.6.6
宮城県石巻市・金華山  2006.7.15
黄輪草・・・その名のとおり、鮮やかな黄色の5弁花を輪状に多数咲かせます
黄輪草・・・その名のとおり、鮮やかな黄色の5弁花を輪状に多数咲かせます
金華山のキリンソウ・・・花は終わりに近づいています
金華山のキリンソウ・・・花は終わりに近づいています




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.