写真でみる野生植物     コメツブツメクサ   トップページへ

コメツブツメクサ   マメ科 シャジクソウ属
学名: Trifolium dubium Sibth.
ヨーロッパ〜西アジア原産の帰化植物で、明治後期に渡来した1年草。日本全土に広く分布し、道端や河原など日当たりの良い場所に普通に生育している。高さ20〜40cmほどになり、茎は分枝する。葉は3出羽状複葉で互生し、長さ0.5〜1cmほどの小葉はやや楕円、上部には鋸歯がある。花期は5〜7月。「米粒詰草」の名が示すとおり、米粒のような3〜4mmの小さな花が5〜30個球状に集まって咲く。花色は淡黄色から淡黄褐色に変わる。花後、花冠は枯れたまま残って果実を包む。これはシャジクソウ属の特徴である。

撮影 : (上)
(下)
宮城県大崎市古川・化女沼  2006.5.25
宮城県大崎市古川・江合川  2006.6.2
コメツブツメクサの花 コメツブツメクサの花 米粒のような小花が球状に集まって咲く
「米粒詰草」の名が示すとおり、米粒のような小花が球状に集まって咲く
コメツブツメクサ 花後、花冠は枯れたまま残って果実を包む
花後、花冠は枯れたまま残って果実を包む




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.