写真でみる野生植物     コンロンソウ   トップページへ

コンロンソウ  アブラナ科 タネツケバナ属
学名: Cardamine leucantha (Tausch) O.E. Schulz
北海道から九州に分布し、山地の沢沿いなどの湿った場所に生える多年草。高さ30〜70cmになり、茎は直立し、上部でやや分岐する。葉は5〜7枚で互生し、3〜7cmほどの長楕円状披針形で、先がとがり、鋸歯がある。葉の表、裏ともに毛がある。4〜7月、茎の上部に白色で、径0.7〜1cmの4弁花を咲かせる。花の白さを「中国の崑崙山に降り積もる白い雪」に見立てて名付けられたといわれている。

撮影 : (左)
(右)
宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.5.5
宮城県登米市東和町米川・若草稲荷神社  2006.5.13
コンロンソウ1 コンロンソウ2




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.