写真でみる野生植物     クリ   トップページへ

クリ  ブナ科 クリ属
学名: Castanea crenata Siebold et Zucc.
山地に生える、雌雄同株の落葉高木。北海道から本州・四国・九州に広く分布する。高さは15〜20mになる。樹皮は淡褐黒色で縦に裂け目がある。花期は6〜7月で、独特の強い匂いを発する。雄花は黄褐色で房状につき長さ10〜15cm、雌花は緑色で小さなイガの形をしており、雄花の基部に雌花がある。堅果は1〜3個集まって、トゲのある総苞(いわゆるイガ)に包まれている。熟すとイガが4裂して果実をあらわし、種子を食用とする。食べる部分は子葉である。

撮影 : 宮城県古川市小野嵐山・研究所の畑
      (左上) 2005.9.23  (左下) 2005.9.21  (右) 2005.9.13
クリの実 クリのイガがついた木に、花が咲きました
クリの実
クリの花
クリの花 秋・・・クリのイガがついた木に、花が咲きました!




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.