写真でみる野生植物     クリンソウ   トップページへ

クリンソウ   サクラソウ科 サクラソウ属
学名: Primula japonica A. Gray
北海道、本州、四国に分布し、山地の湿ったところや渓流沿いなどに自生する多年草。葉は長さ10〜20cmの倒卵状長楕円形。しわのある大きな葉を根元から放射状に出す。花期は5〜6月。高さ20〜80cmほどになり、直立した花茎の上部に、下から上へ順に2〜5段にわたって、1段に10個ほどの花を輪生させ、それに伴い花茎も伸びる。花は紅紫色で、径2〜3cmほど、深く5裂する。園芸品種も多く、花色に変化が多い。段状に多数の花を輪生させる姿を、仏塔の屋根の上の柱に付けられた9個の輪「九輪」に見立て、名前が付けられた。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭   (右) 2005.5.22  (他) 2006.5.12
クリンソウ 紅紫色 クリンソウ 白色 クリンソウ 淡紅色
クリンソウ 紅紫色 クリンソウ 白色 クリンソウ 淡紅色




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.