写真でみる野生植物     クサイチゴ   トップページへ

クサイチゴ   バラ科 キイチゴ属     別名: ワセイチゴ
学名: Rubus hirsutus Thunb.
本州、四国、九州に分布し、日当たりの良い林床、山野の荒地など、広い範囲で見られる。高さ20〜60cmほどの落葉小低木で、茎、枝、葉には軟毛が密生し、まばらにトゲや腺毛がある。葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は1〜2対ある。葉の長さは3〜7cm、卵状披針形で先端はとがり、鋸歯がある。4〜5月、短い枝の先端に直径4cmほどの白色の5弁花を1〜2個、上向きに咲かせる。果実は直径1cmほどの球形で赤く熟し、食べられる。香りよく、酸味は少なく、美味。地下茎を長く伸ばし、枝先を横に這わせ、新芽を出して増える。地面を這う姿がまるで草のように見えることから名が付けられた。他のイチゴに比べ、早く実を結ぶところからワセイチゴとも言われる。
撮影 : (上)
(下)
宮城県宮城郡松島町・福浦島  2006.5.14
宮城県大崎市古川・化女沼  2006.5.25
クサイチゴの花
クサイチゴの花
クサイチゴの花




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.