写真でみる野生植物     クワガタソウ   トップページへ

クワガタソウ   ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
学名: Veronica miqueliana Nakai
東北地方南部〜関東、中部、紀伊半島に分布し、湿り気の多い林内に生える多年草。高さ15〜30cmほどになり、葉は対生し、長さ3〜6cm、幅2〜3.5cmの卵形で先はやや尖り、基部はくさび形で短い柄がある。上部の葉は大きく、下部の葉は小さい。5〜6月、茎の上部の葉腋から細く短い花柄を出し、同じクワガタソウ属のオオイヌノフグリとよく似た、径8〜13mmの花を咲かせる。花冠は4つに深裂し、花色はふつう淡紅紫色で、紅紫色の筋が入っている。花色には、青紫色〜白色まで濃淡の変化が見られる。果実は平たい扇形で、先が浅くへこみ、中に種子が入っている。「鍬形草(クワガタソウ)」の名は、果実につく萼の様子が兜の鍬形に似ていることからつけられた。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭 (右上) 2006.6.1 (他) 2006.5.22
花に近づいてみると・・・ クワガタソウの果実・・・果実につく萼の様子が兜の鍬形に似ている




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.