写真でみる野生植物     ミヤマタムラソウ   トップページへ

ミヤマタムラソウ  シソ科 アキギリ属    別名: ケナツノタムラソウ
学名: Salvia lutescens Koidz. var. crenata (Makino) Murata
本州の中部地方以北に分布し、深山の半日陰に生える多年草。茎は直立し、高さ25〜50cmほどになり、茎の切り口は四角形でシソ科の特徴を示す。葉は3出葉、または、1〜2回羽状複葉で、裂片はやや丸みを帯びる。6〜8月、茎の先端の穂状花序に、長さ1cmほどの淡青紫色〜白色の唇形花を咲かせる。長い雄しべが2個あり、花冠の外へ突き出ている。花冠の外面に軟毛が目立つことから「ケナツノタムラソウ(毛夏の田村草)」の別名がある。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭   2006.6.6
ミヤマタムラソウの花




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.