写真でみる野生植物     レンプクソウ   トップページへ

レンプクソウ   レンプクソウ科 レンプクソウ属
学名: Adoxa moschatellina L.
近畿地方以東から北海道に分布し、北半球の温帯にも広く分布している。小型の多年草で、山地林内に生え、細長い地下茎をひいて増える。茎は高さ8〜15cmほどで、全体無毛、やわらかで、葉柄や茎は触ると折れやすい。根出葉は3回3出複葉で、小葉は羽状に中裂する。茎葉は1対で短い柄があり、3裂する。花は4〜5月頃、茎頂に黄緑色の小花を5個頭状につける。頂生の花は萼が2裂、花冠が4裂し、8個の雄しべがある。まわりの4つの花は、萼が3裂、花冠が5〜6裂して10〜12個の雄しべがある。レンプクソウ科のものは北半球に1属1種、レンプクソウがあるだけである。宮城県では産地があまり知られておらず、大変珍しい。

撮影 : 宮城県登米市東和町米川・若草稲荷神社  2006.5.13
レンプクソウ 宮城県では産地があまり知られておらず、大変珍しい レンプクソウ 花に近づいてみると・・・
宮城県では産地があまり知られておらず、大変珍しい 花に近づいてみると・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.