写真でみる野生植物     セリバオウレン   トップページへ

セリバオウレン   キンポウゲ科 オウレン属
学名: Coptis japonica (Thunb.) Makino var. dissecta (Yatabe) Nakai
山地の林内に生える多年草で、本州と四国に分布している。花期は3〜4月。草丈10cmほどで小さく、根生葉は2回3出複葉で多数ある。「セリの葉」のような小葉となることから、名前が付けられた。早春に花茎を出し、柄のある径1cmほどの白い花を3つほど咲かせ、両性花と雄花とがある。萼片は5〜7個で披針形、5〜6枚ある花弁は線状で萼片よりも短い。花茎は花後伸びて、高さ15〜40cmほどになる。

撮影 : (左)
(右)
宮城県古川市荒谷・研究所の庭  2006.3.19
宮城県黒川郡富谷町  2006.4.9
セリバオウレンの花 と 「セリの葉」に似ている葉 セリバオウレン 赤と白のコントラストが美しい・・・
セリバオウレンの花 と 「セリの葉」に似ている葉 赤と白のコントラストが美しい・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.