写真でみる野生植物     シデシャジン   トップページへ

シデシャジン   キキョウ科 シデシャジン属
学名: Asyneuma japonicum (Miq.) Briq.
本州、九州、朝鮮、満州等に分布し、山地に生える多年草。宮城県では、県民の森や角田市小田、石巻市牧山、丸森町次郎太郎山など、各地に広く見られる。茎は直立し、50〜100cmになる。全体に粗毛を散生する。葉は長さ5〜12cm、幅2.5〜4cm、縁には不整の鋸歯がある。7月から9月にかけて、茎上部で分枝し、総状花序を作って紫色の花を咲かせる。苞、及び、萼は線形、花冠は基部から5深裂し、裂片は線形で長さ1〜1.2cm、反曲し、離弁状に見える。雌しべの花柱は長さ1〜1.2cmで、長く突き出、柱頭は3裂する。雄しべは5個、葯は線形で、花糸と同じ長さ。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.7.19
シデシャジンの花 シデシャジン 花に近づいてみると・・・紫色の反曲した裂片が美しい
シデシャジンの花 花に近づいてみると・・・
紫色の反曲した裂片が美しい




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.