写真でみる野生植物     シラネアオイ   トップページへ

シラネアオイ  シラネアオイ科 シラネアオイ属
学名: Glaucidium palmatum Siebold et Zucc.
北海道から中部地方以北に分布し、山地の林内など湿気の多いところに自生する日本固有の多年草。高さは花期に20〜30cm、花後は60cmほどに伸びる。茎の上部に互生する2枚の葉は大きく、掌状に5〜11裂し、裂片の先はとがり、縁には鋸歯がある。花期は5〜6月、茎頂に淡紅紫色の直径7〜8cmの大きな花を咲かせる。花弁のように見える萼片が4枚あり、花弁はない。花色には色幅があり、白に近い色の花を咲かせるものもある。特に白色のシラネアオイを「シロバナシラネアオイ」と言う。日光の白根山に多く、花がタチアオイ(立葵)に似ていることから名が付けられた。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.4.19
シラネアオイの花 シロバナシラネアオイの花
シラネアオイの花 シロバナシラネアオイの花




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.