写真でみる野生植物     シロバナエンレイソウ   トップページへ

シロバナエンレイソウ   ユリ科 エンレイソウ属     別名: ミヤマエンレイソウ
学名: Trillium tschonoskii Maxim.
北海道から九州まで広く分布し、低地や山地の林内、谷筋など、やや湿ったところに生える多年草。種から花が咲くまで、15年ほどかかる。ミヤマエンレイソウの別名があるが、エンレイソウに比べて高所に生えるわけではなく、エンレイソウと同じような環境で見ることができる。高さ20〜50cmほどになる茎頂に、広卵形で長さ幅ともに6〜17cmの大きな葉を3枚輪生する。4〜6月、輪生した葉の中央から直立した花柄を1本だし、横向きに、直径4〜5.5cmほどの花を1個咲かせる。雄しべは6本、雌しべは1本だが柱頭は3裂している。エンレイソウに似ているが、シロバナエンレイソウには内花被片があるのが特徴。外側に3枚ある緑色の萼片(外花被片)は長さ2〜2.7cmで先がとがり、3枚の白い花弁のように見えるのも萼片(内花被片)で、外花被片より長い。稀に、内花被片が淡紅色を帯びるものもある。
撮影 : 宮城県登米市東和町米川・若草稲荷神社  2006.5.13
シロバナエンレイソウの花 シロバナエンレイソウ 内花被片が淡紅色のものは珍しい・・・
シロバナエンレイソウの花 内花被片が淡紅色のものは珍しい・・・
エンレイソウの仲間は、すべて3の倍数で構成されており、学名の Trillium は「3つのユリ(3を基数にしたユリ)」の意味だそうだ。日本では毒草植物とされているが、中国で胃腸薬「延齢草根」として使用されていることに由来し、名付けられたという。誤食すると激しい嘔吐に見舞われるので注意が必要だが、特異な形なので間違えることは少ない。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.