写真でみる野生植物     トモエソウ   トップページへ

トモエソウ   オトギリソウ科 オトギリソウ属
学名: Hypericum ascyron L.
北海道、本州、四国、九州、朝鮮等に分布し、山の草地に生える多年草。宮城県では不忘山、加護坊山、田束山など、各地に広く見られる。茎は直立して枝分かれし、4つの稜があり、高さ50〜100cmにもなる。葉は全縁で、透かして見ると明るい細かい点があり、対生で、葉柄がなく、茎を抱く。7月から8月にかけて、枝の頂上に大きな黄色い花をつける。5個の花弁は、左右不同で巴(ともえ)形をしている。多数の雄しべは5つの束になっている。中央の子房には1本の花柱があり、頂端部が5つに分かれ、それぞれその先端に柱頭がある。

撮影 : 宮城県大崎市古川荒谷・研究所の庭  2006.7.12
トモエソウ トモエソウ 花に近づいてみると・・・
トモエソウ 花に近づいてみると・・・




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.