写真でみる野生植物     ウスバサイシン   トップページへ

ウスバサイシン   ウマノスズクサ科 ウスバサイシン属
学名: Asiasarum sieboldii (Miq.) F. Maek.
北海道北から南部以西、本州、四国、九州北部に分布する日本固有種。山地の湿った林下や渓流沿いなどに生える多年草。茎先に長柄のある対生葉を2枚出す。葉は長さ5〜8cmの卵円形で、先はとがり、質は薄く、光沢は無い。萼筒は扁球形、3個の裂片は三角状広卵形。早春、葉柄の基部に、直径1.5cmほどの黒っぽい紅紫色の花を1個咲かせる。ウスバサイシンとは「葉の薄いサイシン」という意味。根を漢方で「細辛(サイシン)」と呼び、この中国名がそのまま使われており、葉や茎が辛いことから名付けられた。
撮影 : (上)
(下)
宮城県登米市東和町米川・若草稲荷神社  2006.5.13
宮城県大崎市鳴子温泉・鬼首  2006.4.22
ウスバサイシン 地味な花だが、形は可愛らしい ウスバサイシン 葉柄の基部に、褐色で目立たない花を1個咲かせます
地味な花だが、形は可愛らしい 葉柄の基部に、褐色で目立たない花を1個咲かせます
ウスバサイシン 鬼首




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.