自然の恵み活用レシピ集     モミ林のキノコ   トップページへ

アカモミタケ   ベニタケ科     方言: アカハツ
学名: Lactarius laeticolorus (Imai) Imaz.
アカモミタケ(線画) アカモミタケ
秋10月初旬、モミ林内または孤生したモミの木の下の地上に、点々とまたは群生する。毎年同じ場所に生えるので採取しやすく、ときには一個所で30〜50個もの収量がある。キノコが鮮やかな橙黄色で、傷をつければ朱色の汁をだすので、最初はちょっと気味が悪いが、極めて安全で優秀なキノコである。収量もあり、ゆであげても目減りはしない。
特徴 傘の径5〜12cm、全体が鮮やかな橙黄色、はじめ中央部がくぼんだ丸山形、成長するにつれて開いて扁平またはロート状になる。表面には不明瞭な環紋があり、湿っているときには粘り気がある。肉は堅くしまり、はじめはほぼ白色で、次第に朱桃色になる。味、においともに温和で刺激はない。ヒダは密で、茎に直生状に垂生または直生する。茎は高さ3〜10cm、径8〜15mm、表面の処々に浅いくぼみがあり、その部分は色が濃くなっている。内部ははじめ充実しているが、成長するにつれて中空となり、上下同じ太さかまたは中央部がわずかに太くなる。傷をつけると朱色の液汁をだすが変色しない。
適した料理 歯切れ、口当たりはあまりよくないが、ダシ汁は美味い。脂肪質、淡白な料理いずれにも
よく合う。
味噌汁、すまし汁、キノコご飯、煮つけ、肉類などとの煮もの、天ぷら、すき焼き、玉子とじ
納豆あえ、ダイコンのおろしあえ、酢のもの
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.