自然の恵み活用レシピ集     アカマツ林のキノコ   トップページへ

アミタケ   イグチ科     方言: アミッコ
学名: Suillus bovinus (L.:Fr.) O.Kuntze
アミタケ(線画)
夏の終り頃から秋にかけて、アカマツの林内地上に群生または散生する。古くから食用として一般によく知られ、成長した大型のものより、若くて弾力があり小ぶりで形のそろったものが喜ばれる。林内一面に群生している様子は見事なもので、思わず「しめた」と声がでてくる。収量は多いが、ゆであげると目減りが大きい。
特徴 傘の径3〜10cm、はじめ丸山形、成長するにつれて開いて扁平となる。表面は強い粘り気があり、若いときは赤褐色、成長するにつれて黄褐色となり、表皮ははぎやすい。肉は白色または淡い肌色で、味、においともに温和で特徴はない。傘の裏にある管孔は、はじめ黄色、老成するにつれてオリーブ褐色となり、管口は大小不ぞろいで茎に直生状に垂生する。茎は高さ3〜6cm、径5〜10mm、傘よりやや淡い色で内部は充実し、上下同じ太さである。
適した料理 ツルッとした口当たりが身上で、脂肪質、淡白な料理いずれにもよく合う。
味噌汁、すまし汁、野菜炒め、ダイコンのおろしあえ、煮もの、すき焼き、天ぷら、炒めご飯など
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け
メモ イグチ科の仲間は、表皮と管孔を取り除いて料理するが、アミタケの管孔は傘とつながっているため取り除くことはむずかしく、そのまま料理しなければならない。このため、成長したものより、若いものがよい。またイグチ科の仲間は消化がよくないので過食しないこと。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.