自然の恵み活用レシピ集     ブナ林のキノコ   トップページへ

ブナシメジ   キシメジ科
学名: Hypsizigus marmoreus (Peck) Bigelow
ブナシメジ(線画) ブナシメジ
秋、10月頃、種々の広葉樹(主としてブナ、ニレ、トチ)の枯れた幹、倒木、切り株、生木の枯れ枝などに数本から十数本が株状になって群生する。奥山型のキノコで、食用として極めて優秀なキノコである。探すときには枯れた幹、倒木などを目標にした方がよく、ブナシメジに当たらなくとも、ブナハリタケ、ナメコなどに当たる。収量もあり、ゆであげても目減りはしない。
特徴 傘の径4〜15cm、はじめ半球形、成長するにつれて開いて扁平またはそり返るときには不規則に歪んだりするものもある。表面は滑らかで、白色〜褐色をおびたクリーム色で、周辺部は淡くなっている。中央部には濃い色の不明瞭な環紋がり、成長するにつれて亀裂を生ずるものもある。肉は厚くち密で、わずかに粉臭があり、味は温和である。ヒダは白色で巾が広く、茎に上生または湾生する。茎は高さ3〜7cm、径1〜2cm、傘と同じ色で、普通は湾曲し傘の中心または偏ってつく。白色の繊維質で内部は充実し、上下同じ太さかまたは根元の方が太くなる。キノコ全体がしっとりとした感じがする。
適した料理 歯切れ、口当たりともに抜群で、脂肪質、淡白な料理いずれにもよく合う。
味噌汁、すまし汁、野菜炒め、キノコご飯、煮つけ、肉類などとの煮もの、すき焼き
天ぷら、つけ焼き、玉子とじ、酢のもの、ダイコンのおろしあえ、納豆あえ、炒めご飯
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.