自然の恵み活用レシピ集     雑木林のキノコ   トップページへ

ハナホウキタケ   ホウキタケ科     方言: ネッコモタシ
学名: Ramaria formosa (Pers.:Fr.) Quel.
ハナホウキタケ(線画)
夏の終り頃から秋にかけて、種々の広葉樹林または針葉樹(アカマツ)の混じった林内の地上に、点々とあるいは群生する。広く食用とされ、収量もあり、ゆであげれば色は抜けて白っぽくなるが目減りはしない。
特徴 高さ10〜30cm、径7〜20cm、全体が樹枝状〜カリフラワー状でホウキタケより一まわり大形である。やや太い円柱形の主茎から、成長するにつれて根元の方から枝分れをくり返し、先端は数多くの小枝が集まってサンゴ状となる。色は根元が白く、主茎より上部全体が橙紅色〜汚れたような紅色または鈍い肉色となり、老成すると黄泥色となる。肉は白色で、味、においともに温和であるが、傷をつけると赤褐色に変る特徴がある。若いときは内部は充実し堅くしまっていて弾力性があるが、老成するにつれて海綿状となり、弾力性が失われて中空となりもろくなる。
適した料理 生のままでは脂肪質の料理によく合い、塩漬けしたものは脂肪質、淡白いずれの料理にも
合う。
味噌汁、すまし汁、野菜炒め、天ぷら、煮もの、ダイコンのおろしあえ、酢味噌あえ
保存 塩漬け、うの花漬け
注意 毒キノコであるキホウキタケ、コガネホウキタケとよく似ていて非常にまぎらわしい。採取のときには特に注意を要するキノコである。ホウキタケの仲間には、人によっては軽い中毒(腹痛、下痢)を起こすものもあり、老成したものは食毒の区別がつけにくい。塩漬けしても毒性は消えないので、はっきりと見分けがつくもの以外は食用にしない方がよい。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.