自然の恵み活用レシピ集     道端・畑地のキノコ   トップページへ

ハタケシメジ   キシメジ科
学名: Lyophyllum decastes (Fr.:Fr.) Sing.
ハタケシメジ(線画)
秋、10月頃、畑地、草むら、人家の周囲、床下などに数本から数十本、ときには100本を超え、株状になって群生する。里型で大型のシメジである。身近な場所に生えるので、軽視されがちであるが、食用として優秀で安全なキノコであり、古くから利用されてきた。ホンシメジとよく似ているが、傘の色がやや暗色なことと、生える場所が違うことから区別ができる。収量もあり、ゆであげても目減りは少ない。
特徴 傘の径3〜8cm、はじめ半球形、成長するにつれて、丸山形から開いて扁平となる。ときには中央部が盛り上がるものもある。表面は灰褐色〜淡いネズミ色で、老成するにつれて淡くなり、中央部に白っぽい繊維紋をあらわす。肉は白色でにおいは弱く、味は温和である。ヒダは巾がせまく密で、灰色〜灰白色で、茎にやや垂生、ときに湾生する。茎は高さ3〜8cm、径5〜20mm、白色の繊維肉質で、内部は充実し、根元の方が著しく太くなる。
適した料理 歯切れ、口当たりともに申し分なく、ホンシメジと変らない。脂肪質、淡白な料理いずれにも
よく合う。
味噌汁、すまし汁、キノコご飯、すき焼き、茶碗むし、天ぷら、煮つけ、ダイコンのおろしあえ
納豆あえ、炒めご飯
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰
メモ 傘が淡い紫色〜淡い藤色のハタシメジがあり、食用になる。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.