自然の恵み活用レシピ集     マツ・ナラ混生林の
  キノコ
  トップページへ

ホンシメジ   キシメジ科     方言: ソウマシメジ
学名: Lyophyllum shimeji (Kawam.) Hongo
ホンシメジ(線画) ホンシメジ
秋、9月中旬より10月にかけて、種々の広葉樹またはマツの混じった林内地上に、点々とまたは列をつくり、あるいは輪状に群生する。初秋に生えるものは色が白い。食用として古くからよく知られ「においマツタケ、味シメジ」と言われる通り、姿、形、味覚ともによく、王者の風格がある。収量もあり、ゆであげても目減りはしない。
特徴 傘の径2〜8cm、はじめ半球形〜丸山形、成長するにつれて開いて扁平となる。幼時傘の縁は内側に強く巻いている。表面はほぼ滑らかで繊維紋があり、はじめは淡い灰色〜淡い灰黒色などの暗色で、次第にネズミ色となり、老成して淡い褐色となる。肉は白色でち密、味は温和でわずかににおいがある。ヒダは密、白色〜クリーム色、ときに暗灰色をおびるものもあり、茎に湾生またはやや垂生する。茎は高さ3〜8cm、径5〜20mm、白色で内部は充実し、根元の部分がいちじるしく太くなる。通常数本がくっついて株状になっている。
適した料理 歯切れ、口当たりともによく、和風料理向き。脂肪質、淡白な料理いずれにもよく合う。
すまし汁、キノコご飯、茶碗蒸し、天ぷら、煮もの、玉子とじ、つけ焼き、すき焼き
納豆あえ、ダイコンのおろしあえ
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰
注意 毒キノコで傘の裏のヒダがピンク色〜肉色になるクサウラベニタケ、イッポンシメジがある。
ヒダに注意する。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.