自然の恵み活用レシピ集     雑木林のキノコ   トップページへ

コウタケ   イボタケ科     方言: イノハナ,シシタケ
学名: Sarcodon aspratus (Berk.) S.Ito
コウタケ(線画) コウタケ
秋10月頃、雑木林から奥山のブナ林までの、広葉樹林内の地上に多数群生、または列をつくって生える。毛を密生している状態が獣の皮によく似ているところから、皮茸の名がついた。独特の香気が尊重され、精進料理に利用されたりする。食用として優秀なキノコであり、毎年同じ場所に生えるので採取しやすく、収量も多い。
特徴 傘の径10〜20cmになる大形で肉質、はじめ丸山形で成長するにつれて開いて、縁が外側にそり返ったり、不規則に波曲したりする。中央は茎の根元までくぼみ、深いロート状になる。表面ははじめ淡い紅色〜淡い紅褐色で、乾けば濃い黒褐色となり、角状のササクレがある。ササクレは産地や場所により、大きさに差異がある。肉は淡い紅色で特有の香気がある。傘の下は長さ1cm内外の無数の針でおおわれている。茎は高さ3〜20cm、径3〜6cm、上下同じ太さか根元がやや太くなる。針、茎ともに淡い褐色で、内部は充実している。
適した料理 一度ゆでこぼしてから料理する。
キノコご飯、すまし汁、天ぷら、玉子とじ、肉類などとの煮もの、炒めご飯、煮つけ
保存 乾燥
メモ 乾燥することにより一段と芳香が増す。乾燥には次の二通りがある。
 (1) ゆでこぼしてすすぎ洗いして乾燥。
 (2) 生のまま乾燥し、料理の際にゆでこぼす。
乾燥すれば目減りするがゆであげたり、水に漬けたりすると元の量に戻る。
注意 コウタケに似て、秋、針葉樹林内に生えるケロウジがある。苦味があり食用にはならない。ケロウジにはササクレがないので見分けがつく。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.