自然の恵み活用レシピ集     雑木林のキノコ   トップページへ

マイタケ   タコウキン科     方言: マイコ
学名: Grifola frondosa (Dicks.:Fr.) S.F.Gray
マイタケ(線画) マイタケ
秋10月頃、深山の広葉樹、特にクリ、ミズナラの老木の根元あるいは枯れた幹、立木の枯れ枝など、ときには民家の屋敷にも生え、木材を腐朽する。マツタケと同じように、キノコの中のキノコで、穴場はたとえ親子でも教えないといい、キノコを採る人ならば誰でも一度は採ってみたいものである。収量は大株に当たるに越したことはないが、一株でも当たれば幸運。ゆであげても目減りはしない。
特徴 全体の径30cm、高さ30cm、重さ2〜3kg、ときにはそれ以上にもなる。無数に枝分かれした茎と、その先端にある傘は、扇形、へら形、半円形、舌形などの複雑な形の集まりで、一つの傘は巾2〜5cm、厚さ2〜4mm、軟らかで弾力のある肉質で、表面ははじめほとんど黒色、成長するにつれて黒褐色〜ネズミ色となるが、次第に褪色して淡くなり、放射状の繊維紋と、やや不明瞭な環紋をあらわすものとがある。肉は白色で薄く、味、においともによい。傘の裏面の管孔は白色で、長さ1〜2mm、茎に垂生する。茎の根元は太く、表面は白色で内部は充実し、堅くしまっている。
適した料理 歯切れ、口当りもともに一級品、脂肪質、淡白な料理いずれにもよく合う。
味噌汁、すまし汁、キノコご飯、煮もの、玉子とじ、天ぷら、肉類などとの煮もの
ダイコンのおろしあえ、炒めご飯、すき焼き、納豆あえ、酢のもの
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰
メモ マイタケは毎年同じ場所に生えるので一度見つけたならば、毎年行ってみるとよい。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.