自然の恵み活用レシピ集     ブナ林のキノコ   トップページへ

ムキタケ   キシメジ科
学名: Panellus serotinus (Pers. : Fr.) Kühn.
ムキタケ(線画) ムキタケ
秋、10月より11月にかけて、種々の広葉樹(特にブナ)の枯れた幹、枯れ枝、倒木、切り株などに多数が重なり合って群生する。古くから食用としてよく知られ、採取する人も多く、味も格別のキノコである。収量も多く、ゆであげても目減りはしない。皮をむいて食べるところからこの名がついた。
特徴 傘の径5~15cm、ほぼ半円形~腎臓形で全体が水っぽい感じがする。表面は汚黄色~汚褐色でときには緑色がかることもあり、全面に細かい毛が密生している。湿っているときにはわずかに粘り気がある。表皮下にはゼラチン層があるため表皮ははぎやすい。肉は白色で厚く、味、においともに温和で特徴はない。ヒダは密で巾がせまく、黄白色で茎のつけ根の部分で止り、垂生状になる。茎は高さ1.5~3.5cm、径1~2.5cm、傘の側方につき太く短い。表面は黄土色をおび褐色の短毛がある。内部は充実する。
適した料理 クセがなく、特有の口当たりがよい。脂肪質、淡白な料理いずれにもよく合う。
すまし汁、味噌汁、野菜炒め、キノコご飯、納豆あえ、肉類などとの煮もの
ダイコンのおろしあえ、酢のもの、刺身、炒めご飯
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰
注意 毒キノコのツキヨタケと間違いやすい。不充分な知識のもとでは、採取にあたり充分に注意確認してもらいたいものである。毒キノコのツキヨタケは、茎を裂いてみると中央部に黒いシミがあるので、不安なときには裂いてみるとよい。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.