自然の恵み活用レシピ集     マツ・ナラ混生林の
  キノコ
  トップページへ

ムラサキシメジ   キシメジ科     方言: ムラサキシミズ,コノハカブリ
学名: Lepista nuda (Bull.:Fr.) Cooke
ムラサキシメジ(線画) ムラサキシメジ
晩秋、10月半ばから11月にかけて、種々の広葉樹林内の地上に点々とまたは群生する。列を作ったり、土俵状に輪になって生える特徴がある。桜が紅葉する頃になるとムラサキシメジがでるといわれる。古来食用として一般によく親しまれている第一級のキノコで、1本見つけたら、その周囲を丹念に探した方がよい。群生している様子は壮観そのものでキノコ採りの醍醐味でもある。場所によっては100本以上もの収穫がある。ゆであげれば多少目減りがする。
特徴 傘の径5〜10cm、はじめ丸山形、成長するにつれて開いて扁平となる。表面は滑らかで縁が内側に巻く。若いときは全体が美しい紫色で、老成するにつれて傘の表面の中央部から次第に褪色し、褐色〜黄褐色をおびる。肉は淡い紫色で厚くしまり、味、においともに温和で特徴はない。ヒダは密につき傘と同じ色で茎に直生またはやや垂生する。茎は高さ4〜8cm、径5〜10mm、表面は繊維状で淡い紫色、内部は充実し根元がふくらんでいるものが多いが、老成したものの中には上下同じ太さのものもある。
適した料理 歯切れ、口当たりともによく、土の香りがなんともいえない。脂肪質の料理向きであるが
淡白な料理にも利用できる。
味噌汁、すまし汁、野菜炒め、キノコご飯、天ぷら、すき焼き、肉類などとの煮もの
油炒め、納豆あえ、煮つけ、ダイコンのおろしあえ
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.