自然の恵み活用レシピ集     ブナ林のキノコ   トップページへ

ナメコ   モエギタケ科
学名: Pholiota nameko (T.Ito) S.Ito et Imai in Imai
ナメコ(線画)
晩秋、10月より11月にかけて、広葉樹、特にブナの枯れた幹、倒木、切り株などに群生する。シイタケとともに各地で栽培され市販されている。天然ものは1本の木でも、生育条件が違うため、ツブがそろわないが、風味の点では栽培ものよりはるかにすぐれている。毎年同じ場所に生えるので憶えておいた方がよい。収量もあり、ゆであげても、目減りは少ない。
特徴 傘の径3〜8cm、はじめ丸山形、成長するにつれて開いて扁平となる。表面は滑らかで強い粘り気があり、中央部は茶褐色、周辺は黄褐色で老成するにつれてやや淡くなる。肉ははじめやや白色で成熟すると淡い褐色となる。味、においともに温和で特徴はない。ヒダは密に並び、はじめ淡い黄色で、老成するにつれて淡い褐色となり、茎に直生する。茎は高さ2〜5cm、径5〜15mm、円柱形で上部に薄い膜質のツバがある。ツバより上部はほぼ白色、下部は淡い黄色または褐色で強い粘り気がある。ツバは幼時強い粘り気があって傘の下面をおおうが、傘の開いたものはあまりはっきり残らない。内部は充実、ときには中空のものもある。上下同じ太さかまたは上方が多少細くなり、根元の方が多少太くなる。
適した料理 歯切れ、口当たりともによく、ぬめりを活かすようにする。淡白な料理によく合う。
味噌汁、すまし汁、納豆あえ、ダイコンのおろしあえ、すき焼き、酢のもの、酢味噌あえ
保存 塩漬け、うの花漬け、びん詰
メモ 傘の開いたものは煮ものにする。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.