自然の恵み活用レシピ集     雑木林のキノコ   トップページへ

ナラタケ   キシメジ科     方言: ヨシタケ,サワモダシ
学名: Armillariella mellea (Vahl:Fr.) Karst.
ナラタケ(線画) ナラタケ
初夏と秋の中〜後期にかけて、種々の広葉樹の切り株、枯れた幹、倒木、埋もれ木などに、5〜10本ずつ株状になって群生し、家の周囲、公園などにもよく見られる。古くから各地で採取されて一般によく知られている収量の多いキノコである。初夏にもでるので山菜採りのときに、沢などを注意して見た方がよい。ゆであげると半分程度に目減りする。
特徴 傘の径4〜12cm、はじめ半球形、成長するにつれて開いて扁平となる。表面は淡い褐色〜淡い黄褐色で、中央には濃い色のササクレがある。湿っているときには粘り気があり、周辺に放射状の条紋がある。肉は白色、無味でにおいは弱く特徴はない。ヒダはあらく茎に垂生し、はじめは白色、老成すると褐色のシミがでてくる。茎は高さ4〜10cm、径5〜11mm、繊維質で根元が太いものが多い。茎の上部には白色で膜質のツバがあり、ツバより上は白色、下は暗褐色、黒ずんだ色、またはかすかに緑色がかったものもある。内部は、はじめ充実しているが、老成するにつれて中空となり、やや堅い感じがする。
適した料理 歯切れ、口当たりもよく、脂肪質の料理によく合う。
すまし汁、野菜炒め、浸しもの、ダイコンのおろしあえ、納豆あえ、マヨネーズあえ、天ぷら
キノコご飯、肉類などとの煮もの、すき焼き、酢のもの、炒めご飯
保存 乾燥、塩漬け、うの花漬け、びん詰
同じ仲間 ナラタケに似ていてヒダが著しくあらいヤチヒロヒダタケがあり、同様に食用となる。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.