自然の恵み活用レシピ集     雑木林のキノコ   トップページへ

シイタケ   ヒラタケ科
学名: Lentinula edodes (Berk.) Pegler
シイタケ(線画) シイタケ
春秋の二季、種々の広葉樹(ナラ、ミズナラ、シイ、カシ、クヌギなど)の枯れた幹、倒木、切り株などに群生する。各地で栽培され、マツタケ、シメジとともに日本の代表的なキノコである。姿、形は栽培品に劣るが、味覚の点では天然産に勝るものはない。市販されているものは、ほとんどが栽培品である。収量は多くないが、見つけたときの喜びは格別のものがある。
特徴 傘の径4〜10cm、はじめ丸山形、成長するにつれて開いて扁平または皿状の扁平となる。若いとき縁部は内側に巻く。表面は茶褐色〜淡い褐色、あるいは紫がかった褐色で、滑らかなもの、濃色のササクレがあるもの、亀裂のあるものなどがある。若いときの周辺部には白色〜淡い褐色の綿毛状のササクレがあるが、成長するにつれて消滅する。肉は白色で厚く、香りが高く、味は温和である。ヒダは密で白色、老成するにつれて褐色のシミを生じ、茎に湾生する。茎は高さ3〜4cm、径1cm内外。内部は充実し強靭で、傘の中心または偏在するものもある。茎の上部にツバがあり、ツバより上部は白色、滑らかかまたはヒダに連続した条線がある。下部は繊維質で白色または褐色をおびる。
適した料理 生でもよいが、乾燥したものを戻したものの方が香りが高い。脂肪質、淡白いずれの料理にも
よく合う。
すまし汁、キノコご飯、煮もの、天ぷら、フライ、玉子とじ、つけ焼き、すき焼き、納豆あえ
シイタケ酒
保存 乾燥




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.