自然の恵み活用レシピ集     スギ林のキノコ   トップページへ

スギエダタケ   キシメジ科
学名: Strobilurus ohshimae (Hongo & Matsuda) Hongo
スギエダタケ(線画) スギエダタケ
夏の終り頃から秋〜初冬にかけて、針葉樹、特に杉林の中の枯れ枝、枯れ葉、埋もれ木の上などに点々と、あるいはかたまって群生する。身近な杉林に生える里型のキノコで、採取期間も長く重宝するので、もっと利用度を高めたいものの一つである。杉林のキノコは種類が限られているが、このスギエダタケは食用として安全で味もよく、すまし汁の中の姿は風情がある。収量は小形のため多くはなく、ゆであげると目減りがする。
特徴 傘の径1〜7cm、はじめ低い丸山形、成長するにつれて開いて扁平となり、中央部が浅くくぼんで皿状となる。表面は白色または灰色〜ネズミ色で、中央はやや暗色となり、細かな短毛をおびていて粘り気はない。肉は白色で質は薄く、表皮の下は暗色がかっている。味は温和、においは弱く特徴はない。ヒダはややあらく白色、茎に上生または離生する。茎は高さ3〜10cm、径1.5〜6mm、やや堅い軟骨質で、黄土色〜橙がかった黄色または淡い褐色で、中部は中空、上下同じ太さでときには細い根のようになる。
適した料理 歯切れ、口当たりともによく脂肪質、淡白な料理いずれにもよく合う。
味噌汁、すまし汁、酢のもの、煮もの、納豆あえ、ダイコンのおろしあえなど
保存 乾燥、びん詰
メモ 杉林の中は、歩きやすく、スギエダタケは白っぽくよく目立つので採りやすい。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.