自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

ドクダミ  ドクダミ科 ドクダミ属   方言: ハッチョウグサ,ジュウヤク
学名: Houttuynia cordata Thunb.
ドクダミ ドクダミの花
ドクダミ ドクダミの花
道端や藪陰、庭のすみなどの湿気の多い半日陰の場所を好んで群生する高さ20~50cmの多年草で、全体に独特の臭気がある。地下茎は円柱形で白く、横にはい多数分枝して新芽をだし、繁殖する。茎は直立して分枝し暗紫色になることが多く、すべすべして毛がない。葉は互生し卵状心臓形で先が尖り、基部は広心臓形で暗紫色をおび全縁、葉質は軟らかく、柄があり基部には托葉がある。6~7月、茎の上部から花穂をだし、萼も花弁もない淡黄色の小花を穂状に密生する。普通花弁と思われているのは白い4枚の総苞片である。古来薬草として知られ、種々の効果があるところから、十薬(じゅうやく)の名もある。
薬用部分 花期の全草または地上部
採取時期 夏、6~7月
冬期 : 地下茎を利用する
調整法 2日ほど日光干しの後、陰干し
薬効と用い方 腫れもの 生葉を新聞紙などに包んで焼き、軟らかくなったら腫れもの大に丸めて患部に貼り、バンソウコウでとめ日に1~2回取り替える。
湿疹、接触性皮膚炎
種々のかぶれ、虫刺され
生葉の絞り汁を塗布するとよい。
慢性鼻炎、蓄膿症
中耳炎
生葉をもみ、鼻腔や耳の中に挿入したびたび取り替えるとよい。
便秘、胃腸病、腎臓病
膀胱炎、狭心症
動脈硬化の予防
高血圧症、脳卒中後遺症
妊娠浮腫、解毒
乾燥したもの1日量5~20gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ服用するとよい。
メモ 漢名 : 蕺(じゅう)




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.